肌トラブル+レスQ
お問い合わせリンク肌トラブル+レスQ

保湿

スキンケアの基本は、保湿であるといえます。肌の水分は肌の透明感を保ち、艶と張りを持たせるために必要なのですが、毎日気をつけていなければならないという性質のスキンケアでもあるのです。
正しく、無理なく、保湿を毎日行うためにはどのようにすればいいのでしょうか?

お肌の保湿を知る!

保湿は肌を、ひいては皮膚を健康に保つためには必要不可欠であるといえるスキンケアです。しかし、私たちは「なぜ肌保湿をしなければならないのか」ということに対して無頓着であるといっても過言ではないでしょう。

肌保湿の意味とは

人間の皮膚は、表皮層と真皮層から成り立っています。このうち、表皮層の一番上、つまり外側にあるのが角質層です。この角質層は魚のうろこ状の構造になっていて、毎日のように作り続けられています。しかし、次々に作り続けられているとはいえ細胞が入れ替わるまでのサイクルが短すぎると、老化が早まってしまうのです。つまり、肌年齢と角質細胞には密接な関係があるわけです。そして、肌年齢を維持するために必要なのが角質層を長持ちさせるための肌保湿なのです。

皮脂と肌保湿の関係とは

そして、角質層の保湿に大きくかかわってくるのが皮脂です。「水と油」の喩えがあるように、水分と脂肪は決して単体では交じり合いません。この性質によって、皮脂は角質層の水分を逃さないように表面をコーティングしているのです。そして、うろこ状の角質の隙間を埋めているのが、細胞間脂質といわれるセラミドです。つまりお肌の潤いは、皮脂とセラミドの二つの脂によって保たれているのです。

保湿されていない肌はどうなるか

では逆に、保湿が充分でない肌はいったいどうなってしまうのでしょうか。水分供給が充分でない肌は、皮脂の分泌も活発ではなくなり角質層が長持ちしなくなります。角質細胞を繋いで角質層を形作っていたセラミドも、皮脂と同じく減少してしまいます。外壁の役割も果たしていた角質層が取り払われた表皮層は、外部からの刺激に対して敏感になり、痒みや痛みという形で肌からの救援信号を伝達してくることになります。
これを、皮脂欠乏症(または乾皮症)といいます。

正しい肌保湿方法とは

 では、どのような方法をとれば肌を守ることが出来る保湿が出来るのでしょうか。

食生活の改善による肌保湿

肌保湿法の中で、それこそ今日からでも出来るのが食生活を見直すことです。世の中には、「美肌にいい」とうたっている健康食品が多種多様あります。しかし、それらの健康食品は科学的な根拠に乏しいことが往々にしてあるようです。ですので、食卓に一品追加する程度で肌保湿を行うように心がけていくのがいいでしょう。肌保湿に効果がある栄養素としては、体内でのコラーゲンの合成を促進させ、皮脂の分泌を促す効果が期待されるビタミンCをお勧めします。緑黄色野菜の温野菜サラダなどで摂取すると、食物繊維も摂取できます。

化粧水などでの肌保湿

肌保湿法の中でも、もっとも即効性があって目に見えてわかりやすいのが化粧水などを使ったスキンケアではないでしょうか。化粧水や乳液にも、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった肌を構成している成分を含有している製品が続々登場していて、相当の肌保湿効果を期待できるようになってきています。

コットンパックによる肌保湿

そこでお勧めしたいのが、コットンパックによる肌保湿です。コットンパックは、ビューティーアドバイザーとして知られる佐伯チズ氏が考案した手法で、近年評判が高まっています。やり方はいたってシンプルで、化粧用コットンに化粧水と精製水をたっぷり含ませて、コットンを5枚程度になるよう剥がし、額・頬・鼻・顎の五箇所に乗せて顔全体を包むようにラップを掛けて2〜3分ほど、というものです。コットンパックをした後は、肌が見違えるようにプリプリになるのでぜひお勧めです。

肌
<a href="http://skintbresq.com/" target="_blank"><img src="http://skintbresq.com/img/banner.gif" alt="肌" width="88" height="31" border="0"></a>

肌トラブル+レスQ

<a href="http://skintbresq.com/" target="_blank">肌トラブル+レスQ</a>

広告掲載