肌トラブル+レスQ
お問い合わせリンク肌トラブル+レスQ

紫外線対策

美肌の大敵として、紫外線が敬遠されるようになったのはいつからでしょうか。化粧品やサングラスには「紫外線防止」の文字が並び、紫外線を遠ざける人たちが次々に買い求めていきます。しかし、紫外線は人体にとって大事なものであることをご存知でしょうか? 紫外線の特徴、紫外線との上手な付き合い方を、検証していきます。

紫外線対策のために紫外線を知る

紫外線は、英語でUltraviolet「紫を越えた」といいます。
この名前の由来は、光をプリズムでスペクトル分解すると七色に分かれますが、紫外線は紫色の外側にある光線であることに由来します。

紫外線の効果

紫外線は、赤外線と同じく不可視光線に属し人の目には捉えることの出来ない光と定義されています。
紫外線は波長の長さからUV-A、UV-B、UV-Cの三つに分けられます。このうちのUV-Cは人体に対する悪影響が最も強いのですが、オゾン層で完全に遮断されます。そして、UV-Cは驚くべき力を持っています。
それは酸素を分解してオゾンを合成するというものです。
そして、合成されたオゾンは、UV-Cで再び分解され酸素分子と酸素原子に変化します。この紫外線とオゾンの働きによって、地表に届くのはUV-AとUV-Bになります。

人体に必要不可欠な紫外線

そして、UV-Aは人間にとって様々な恩恵をもたらしてくれます。紫外線を浴びることで、体内でのビタミンDの合成が促進されます。ビタミンDは、骨を丈夫にする効果を持っています。
そして、紫外線を浴びることで細胞の活動が活性化され、血行の促進が期待されます。
また、紫外線を浴びることで体内時計がリセットされ、脳内ホルモンであるセロトニンの分泌が促進されるなど、健康のためには欠かすことの出来ないものでもあるのです。

紫外線の弊害

しかし、紫外線の浴びすぎは健康を損なう危険性があります。危険性が少ないとされるUV-Aでも、浴びすぎるとやけどを引き起こし皮膚がんのリスクを増大させることが知られています。また、UV-Aは皮膚の張りを保つコラーゲンとエラスチンという二つの成分を分解する働きがあります。この二つの成分が分解されることで、表皮に皺やシミがあらわれ皮膚のたるみが発生し、老化したように見えてしまいます。このように紫外線の浴びすぎによる老化現象を「光老化」といいます。

紫外線対策を知る

肌にとって重要な紫外線対策としては、UV化粧品や日焼け止めで肌を覆うことです。
しかし、UV化粧品には二つの種類があることをご存知ですか?

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線が表皮に到達する前に物理的に反射・拡散するというものです。
紫外線をはね返すために、酸化亜鉛や酸化チタンなどが含まれています。亜鉛もチタンももともと人体に影響の少ない金属なので、肌の弱い子供などにも安心して使用することが出来るのが特徴と言えます。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線が表皮に到達する前に含有成分が紫外線を吸収して熱に変換するという性質を持っています。しかし、紫外線を吸収する成分として使われているのがフェノール系化合物やタール系化合物やベンゼン系化合物といった、見るからに身体に悪そうなものです。このため、安易な紫外線吸収剤の使用はかぶれや腫れを引き起こすことがあるため注意が必要です。

肌
<a href="http://skintbresq.com/" target="_blank"><img src="http://skintbresq.com/img/banner.gif" alt="肌" width="88" height="31" border="0"></a>

肌トラブル+レスQ

<a href="http://skintbresq.com/" target="_blank">肌トラブル+レスQ</a>

広告掲載